メインコンテンツまでスキップ
バージョン: 3.9

Kubernetes クラスター上の Scalar 製品の監視

注記

このページは英語版のページが機械翻訳されたものです。英語版との間に矛盾または不一致がある場合は、英語版を正としてください。

このドキュメントでは、Helm を使用して Prometheus Operator を Kubernetes にデプロイする方法について説明します。 このドキュメントに従うと、Prometheus、Alertmanager、および Grafana を使用して、Kubernetes 環境上の Scalar 製品を監視できるようになります。

マネージド Kubernetes クラスターを使用しており、監視とログ記録にクラウド サービス機能を使用したい場合は、次のドキュメントを参照してください。

前提条件

prometheus-community helm リポジトリを追加します

このドキュメントでは、Prometheus Operator のデプロイメントに Helm を使用します。

helm repo add prometheus-community https://prometheus-community.github.io/helm-charts
helm repo update

カスタム値ファイルを準備する

kube-prometheus-stack のサンプル ファイル scalar-prometheus-custom-values.yaml を取得してください。 Scalar 製品の監視には、このサンプル ファイルの構成をお勧めします。

このサンプル ファイルでは、サービス リソースは Kubernetes クラスターの外部からのアクセスに公開されていません。 Kubernetes クラスターの外部からダッシュボードにアクセスしたい場合は、*.service.typeLoadBalancer に設定するか、*.ingress.enabledtrue に設定する必要があります。

kube-prometheus-stackの設定の詳細については、以下の公式ドキュメントを参照してください。

Prometheus Operator をデプロイする

Scalar 製品は、Prometheus Operator がデフォルトで monitoring 名前空間にデプロイされていることを前提としています。 したがって、monitoring 名前空間を作成し、monitoring 名前空間に Prometheus Operator をデプロイしてください。

  1. Kubernetes 上に名前空間 monitoring を作成します。

    kubectl create namespace monitoring
  2. kube-prometheus-stack をデプロイします。

    helm install scalar-monitoring prometheus-community/kube-prometheus-stack -n monitoring -f scalar-prometheus-custom-values.yaml

Prometheus Operator がデプロイされているかどうかを確認する

Prometheus Operator (Prometheus、Alertmanager、Grafana を含む) ポッドが適切にデプロイされている場合は、kubectl get pod -n monitoring コマンドを使用して STATUSRunning であることを確認できます。

$ kubectl get pod -n monitoring
NAME READY STATUS RESTARTS AGE
alertmanager-scalar-monitoring-kube-pro-alertmanager-0 2/2 Running 0 55s
prometheus-scalar-monitoring-kube-pro-prometheus-0 2/2 Running 0 55s
scalar-monitoring-grafana-cb4f9f86b-jmkpz 3/3 Running 0 62s
scalar-monitoring-kube-pro-operator-865bbb8454-9ppkc 1/1 Running 0 62s

Helm Chart を使用して Scalar 製品をデプロイ (またはアップグレード)

  1. Scalar 製品の Prometheus 監視を有効にするには、カスタム値ファイルの次の構成に true を設定する必要があります。

    • 構成
      • *.prometheusRule.enabled
      • *.grafanaDashboard.enabled
      • *.serviceMonitor.enabled

    各Scalar製品のカスタム値ファイルの詳細については、以下のドキュメントを参照してください。

  2. 上記のカスタム値ファイルを含む Helm Chart を使用して、Scalar 製品をデプロイ (またはアップグレード) します。

    Scalar 製品の導入/アップグレード方法の詳細については、次のドキュメントを参照してください。

ダッシュボードにアクセスする方法

*.service.typeLoadBalancer に設定するか、*.ingress.enabledtrue に設定すると、Kubernetes の Service または Ingress 経由でダッシュボードにアクセスできます。 具体的な実装とアクセス方法はKubernetesクラスタに依存します。 マネージド Kubernetes クラスターを使用する場合、詳細についてはクラウド プロバイダーの公式ドキュメントを参照してください。

ローカル マシンからダッシュボードにアクセスします (テスト目的のみ / 運用環境では推奨されません)

kubectl port-forward コマンドを使用して、ローカル マシンから各ダッシュボードにアクセスできます。

  1. ローカル マシンから各サービスへのポート転送。

    • Prometheus
      kubectl port-forward -n monitoring svc/scalar-monitoring-kube-pro-prometheus 9090:9090
    • Alertmanager
      kubectl port-forward -n monitoring svc/scalar-monitoring-kube-pro-alertmanager 9093:9093
    • Grafana
      kubectl port-forward -n monitoring svc/scalar-monitoring-grafana 3000:3000
  2. 各ダッシュボードにアクセスします。

    • Prometheus
      http://localhost:9090/
    • Alertmanager
      http://localhost:9093/
    • Grafana
      http://localhost:3000/
      • 注記:
        • Grafanaのユーザーとパスワードは以下で確認できます。
          • ユーザー
            kubectl get secrets scalar-monitoring-grafana -n monitoring -o jsonpath='{.data.admin-user}' | base64 -d
          • パスワード
            kubectl get secrets scalar-monitoring-grafana -n monitoring -o jsonpath='{.data.admin-password}' | base64 -d