メインコンテンツまでスキップ
バージョン: 3.9

証明書の取得方法

注記

このページは英語版のページが機械翻訳されたものです。英語版との間に矛盾または不一致がある場合は、英語版を正としてください。

このドキュメントでは、ScalarDL ネットワークに登録するための証明書を取得する方法について説明します。

前提条件

基本的に、CA サーバーと証明書の処理には CFSSL コンポーネントを使用します。

  • Golang (v1.8+) のインストール
  • openssl のインストール
  • cfssl & cfssljson のインストール

秘密キーと CSR を生成する

$ openssl ecparam -name prime256v1 -out prime256v1.pem
$ openssl req -new -newkey ec:prime256v1.pem -nodes -keyout client-key.pem.pkcs8 -out client.csr
$ openssl ec -in client-key.pem.pkcs8 -out client-key.pem

または

$ cat << EOF > client-cert.json
{
"CN": "client.example",
"key": {
"algo": "ecdsa",
"size": 256
},
"names": [
{
"O": "Client Example",
"L": "Shinjuku",
"ST": "Tokyo",
"C": "JP"
}
]
}
EOF

$ cfssl selfsign "" ./client-cert.json | cfssljson -bare client
$ ls -1
client-cert.json
client-key.pem
client.csr
client.pem

CA サーバーから証明書を取得する

cfssl sign -remote "localhost:8888" -profile "client" client.csr | cfssljson -bare client -
  • 注記: CA エンドポイント URI を指定するには、 -remote オプションが必要です
  • 注記: 出力キーファイルのプレフィックスを指定するには、cfssljson の -bare オプションが必要です

CA から client.pem という名前の証明書を取得すると、コントラクトを実行する準備がほぼ整います。